【目次】

カマグラはED治療薬として広く使われている主成分であるシルデナフィルが含まれていて、その効果はとても効果が高いと言っても間違いがありません。
それでいて低価格であるので、現在は広く使用されているED治療薬でもあります。
しかしシルデナフィルを主成分とするED治療薬には、絶対ではありませんが避けられない副作用というものが有ります。
その副作用について理解しておいて、実際にカマグラを服用する際に副作用で慌てることのないようにして下さい。

カマグラの効果を最大限に引き出すなら食前に服用

お皿とスプーンとフォークカマグラの使用法については食前の空腹状態が効果が高いです。
その理由は食前であれば胃に食べ物などの内容物がないため、カマグラを服用して胃で溶けて体内に吸収されやすくなるからです。
カマグラのような勃起不全を改善する治療薬はシルデナフィルが配合されていることが多く、このシルデナフィルは体内に吸収されると一時間程度で勃起不全の症状を緩和し、それまで勃起をしても不十分であった状態を改善してくれます。
この短時間で効果が出るというのがシルデナフィルの特徴であり、しかもその効果は4~6時間持続されます。
短時間で効果が出て、それが一定時間継続されるというのがカマグラが勃起治療薬として人気である理由であり、また、その効果を最大限に引き出したいのなら使用法を守らなくてはいけません。

性行為というのは体力の消耗が激しいため、完全な空腹ではとても満足できる性行為はできないでしょう。
そのために多少の食事であれば、効果が出る時間が少し延びる程度なので大きな問題にはなりません。
しかし腹一杯食事をしたりカロリーの高いものや脂分が多いものでは、この内容物を体が分解してくれないとカマグラも分解吸収することができないので、最悪の場合は全く効果が出ない場合も有り得ます。
カマグラは精力剤ではなく勃起不全の対策として使われている薬なのですから、薬である以上はその使用法については目を通しておき、どうすればその効果を最大限に得られるのか知っておく必要があります。

またカマグラは薬であるので、そこには個人差というものが発生します。
全員が平等に同じ効果が得られるというものではなく、中にはそこまで高い効果が得られなかったり、その逆に効き過ぎて体が変調してしまう可能性もあります。
そのためカマグラを初めて服用する人は通常使用する量よりも少なくして試してみるのがいいでしょう。
実際に一錠を半分にして使っている人もいますし、それでも十分に効果を得られているケースもあります。

特にこのカマグラは日本のメーカーが製造しているのではなく、外国で製造されたものを輸入している薬です。
そのため体格の大きな外国人をターゲットとして考えているので、外国人向けの容量になっています。
日本人も欧米人並みに体格が大きくなってきたので同じ容量でもいい場合もありますが、やはり体格に違いがある人もいます。
服用してみて過敏に反応するようであれば容量を少なくするなど、本人に合った使用法で服用するようにして下さい。
ただし一回に使用する量を多くしたり、一日に複数回服用するといった使用法を完全に逸脱した行為だけは絶対にしないで下さい。

カマグラの副作用は頭痛が多い

カマグラは主成分としてシルデナフィルを使っていて、このシルデナフィルは硬くなった血管の筋肉を柔らかくしてくれ、硬くなって狭くなった血管を拡張してくれる働きがあります。
勃起不全というのは肉体的な問題の多くが血行不良から来ていて、勃起するために必要な陰茎内の海綿体にある毛細血管の血流量不足から発生しています。
この血流不足を一時的にですが血管を拡張することで勃起不全を改善してくれるのですが、この血管の拡張というのは陰茎の周辺部だけで起きているわけではありません。
この薬は服用して、それが分解吸収して体内に取り込まれることで効果が出るのですから、この血管が拡張する現象は体内の全ての箇所で発生しています。
そのためカマグラを服用したことで起きる副作用は、この血管拡張という作用から来ています。

副作用で一番多いのは頭部の血管が拡張されたために生じる頭痛や顔の火照りなどです。
血管が拡張されれば血流量が増えますが、体内に元からある血液の量が増加することは有りません。
つまり別の場所にあった血液を使いたい場所に持ってくるという意味合いなのですから、頭部で血液の量が少なくなると貧血状態となり、頭痛が起きやすくなってしまいます。
この頭痛や顔の火照りというのは多くのカマグラを服用した人に発生する現象であり、シルデナフィルの効能を考えても避けられない副作用です。
でも安心して下さい。
確かにカマグラを使用すると高い確率で頭痛が起きます。
しかしそれが重症化するほどに酷くなった事例は報告されていませんし、この頭痛も時間の経過と共に改善していきます。

カマグラの効果は4~6時間持続されますが、その効果が無くなると血液の流れが元に戻るので頭痛も治っていきます。
それでも頭痛が気になるほどに大きく感じる人もいるでしょうから、そのような場合には市販の頭痛薬を服用してもらっても差し支えありません。

カマグラにも併用することが禁止されている薬というのは当然有りますが、併用が禁止されている薬に市販されている頭痛薬は含まれていません。
市販されている薬は医療機関で処方してもらう医薬品としての成分が含まれていないので、この市販されている頭痛薬によってカマグラの血管拡張作用が増幅するような事態にはならないからです。
しかしできることなら別の薬との併用は避けて下さい。
人間には個人差というものが有るのですから、今までは何もなくても、やはり同時に別の薬を使うというのは体に負担をかけてしまいます。

カマグラは安くて人気のED治療薬

カマグラが勃起不全の治療薬として人気が高いのは、その効果の高さと安全性と共に、その低価格にあります。
カマグラは特許の使用期限が過ぎて誰でもその製法を使用できる段階で作られた薬であり、新薬の開発で一番費用のかかる開発費というものが殆どかかっていません。
製法が分かっていてもそれから薬として作り上げるには少なからず費用というものが必要ですが、それは新薬の開発費からすれば比較対象にならないくらいに低いものです。
この開発費の安さが低価格に反映されているのです。
またこのカマグラは人件費がそれほど高くない国で製造されています。
この人件費の安さも低価格を実現している要因になっていて、勃起不全の男性は性行為をする度に服用する必要があるので、そんな男性にとっては低価格は嬉しい限りでしょう。

カマグラは勃起不全の治療薬として販売されていますが、勃起不全を根本から改善するための薬では有りません。
それは他の勃起不全の治療薬でも同様であり、一時的に陰茎を性行為が出来るほどの勃起状態に誘導してくれるだけです。
この薬は服用して4~6時間持続して効果がありますが、その時間を過ぎれば再び勃起不全の状態に戻ってしまいます。
つまり性行為をしたいのならその度に服用しなければ勃起が出来ないのですから、そこにはどうしてもコストというものが発生します。
性行為は男性の本能に組み込まれている欲求であり、他に満足感を得られる媒体は幾つも有りますが、性行為から得られる満足感に匹敵するものというのはあまりありません。
それに男性の性欲というのは加齢しても消滅することは無いので、そのことから考えても、勃起治療薬を使用して性行為を行いたいとする男性がいなくなることは考えられません。

勃起不全の症状で悩んでいる男性はとても多く、その数は年々増加していると言われています。
その要因としては加齢だけではなく、生活習慣の不摂生からくる生活習慣病の増加とリンクしてしまうからであり、勃起不全の男性が増加する限りは治療薬の存在は不可欠になってきます。
そしてこの治療薬が服用すれば勃起不全そのものを改善できるほどの効果を持っていないのですから、低価格であればあるほど使用する男性にはメリットが出てきます。
ただ安いだけではなくその効果も実証されているのですから、新たに勃起不全となって悩んでいる男性はこのカマグラを使ってみて、その高い効果と低価格を体験してみて下さい。

関連ページ