カマグラの効果を最大限に出すなら食後はNG

カマグラはインドの製薬会社が製造しているバイアグラのジェネリック医薬品です。
錠剤タイプの他にも、発泡錠タイプやチュアブルタイプなど種類が豊富にあります。
発泡錠タイプは水に溶かして服用します。チュアブルタイプは味が付いています。
錠剤が苦手な人でもチュアブルタイプならば気軽に服用できます。

カマグラはインドの製薬会社がインド政府の承認を受けて製造しています。
ネット通販を利用すれば、日本からも個人輸入できます。

バイアグラには25mgと50mg、100mgの錠剤があります。また日本国内でも50mgのジェネリック医薬品が製造されています。
100mgは日本国内で未承認のため流通していませんが、ネット通販で個人輸入することは可能です。
病院処方で入手する場合、1錠あたりの価格は25mgが約1300円で、50mgは約1500円とされます。
日本国内で製造されているジェネリック医薬品は50mgが1錠あたり約1000円です。
病院処方の場合には薬代の他に診察料などがかかります。

ネット通販では様々なバイアグラのジェネリック医薬品が販売されています。
特にカマグラは種類が豊富で使いやすいのが特徴です。
有効成分はバイアグラと同じものなので、効果や副作用も同じになります。
またカマグラはインドの製薬会社がインド政府から正式な許可を受けて製造しており、安全性も優れています。
インドでは製法特許が認められていますが、成分特許は認められていません。
そのため製法を変更すればジェネリック医薬品を自由に製造できます。

バイアグラは食事の影響を受けて効果が半減する場合があるので、食後に服用することができません。
同じ有効成分を含むカマグラも同様です。
食後にカマグラを服用する場合には、基本的に2時間ほど間隔を置きます。
また食事の量と含まれる脂肪分も少なくすることが重要です。
脂肪分の多い食事を摂取した場合には、6時間から7時間ほど待ってからカマグラを服用します。

病院処方ではカマグラはない

カマグラはインドの製薬会社が製造しており、日本国内では未承認です。
病院処方ではカマグラを入手できないので、ネット通販を利用して個人輸入する必要があります。
日本国内で未承認の医薬品は輸入と販売ができませんが、個人輸入は合法的に行なうことができます。
ネット通販では個人輸入手続の代行が行われています。
個人輸入の手続は複雑ですが、ネット通販を利用すれば誰でも簡単に海外の医薬品を入手できます。

カマグラは種類が豊富です。
発泡錠タイプやチュアブルタイプの他にも、早漏を改善する成分が含まれたものもあります。
錠剤タイプには50mgと100mgが存在します。
ネット通販での1錠あたりの価格は、いずれも約500円です。
発泡錠タイプやチュアブルタイプは100mgの錠剤が販売されています。
1錠あたりの価格は発泡錠タイプが約400円、チュアブルタイプは約600円です。
早漏を改善する成分が含まれたタイプでは、バイアグラと同じ成分が100mgと早漏を改善する成分60mgが含まれています。

バイアグラには短時間でペニスを勃起させる強い効果がありますが、勃起不全の患者の約25%が早漏も患っているといわれています。
早漏を改善できるタイプのカマグラを使用すればより効果的です。
この種類のカマグラは、ネット通販で1錠あたり約500円で販売されています。
病院処方でバイアグラを入手する場合には、診察料なども必要なので費用がかかります。
ネット通販でカマグラを購入する場合には、まとめ買いすることで費用を下げることができます。

カマグラは病院処方では入手できないので、ネット通販を利用して個人輸入する必要があります。
バイアグラと同じく食事の影響を受けやすいという特徴が存在しますが、用法を正しく守れば短時間でペニスを勃起させる強い効果を実感できます。

関連ページ