3大ED治療薬の中で一番即効性あるレビトラ

レビトラは日本で承認されている3大ED治療薬の1つです。
3大ED治療薬の中では2番目に開発されました。レビトラには即効性があり服用してから20分ほどで効果が現れます。
また食事の影響を受けにくいという特徴があります。服用前にエネルギー量が700kcalまでの食事であれば摂取できます。
レビトラを服用する前に食事を摂る場合には、脂肪分を30%以下に抑える必要があります。
性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用しますが、アルコールで服用することも可能です。

アルコールには精神をリラックスさせる効果があります。
精神状態は勃起不全とも大きな関係があるため、改善するにはリラックスすることが重要です。
アルコールでレビトラを服用すると、リラックス効果によりペニスがスムーズに勃起するようになります。
ただし過度のアルコールは酩酊状態を招くので注意が必要です。
またレビトラ服用後は血管が拡張されるので酔いやすくなります。そのため服用後はアルコールの摂取を控えます。

レビトラは世界で2番目に開発されたED治療薬で、即効性があり食事の影響を受けにくいのが特徴です。
日本国内でも多くの人々が勃起不全の治療に利用しています。
空腹状態で服用すると20分ほどで効果が現れ始めます。最高血中濃度に達するのは約45分後です。
性行為の1時間前にレビトラを服用すれば、最高血中濃度に合わせることができます。
レビトラの錠剤には5mgと10mg、20mgの3種類があり、主に10mgと20mgが使用されます。
効果の持続時間は10mgが約5時間で、20mgは約10時間です。

レビトラは血管を拡張してペニスへの血流量を増やし勃起を促します。
血管が拡張されると血圧が低下するため、副作用として軽いめまいを生じる場合があります。
また血流が促進されて頭痛や鼻づまり、消化不良などが発症する場合も存在します。
基本的に副作用は軽いので問題はありませんが、レビトラを服用すると9割以上の人に現れます。

レビトラをグレープフルーツジュースで飲むのは危険

レビトラの副作用は基本的に軽いので、安全に勃起不全の治療ができます。
しかし一定の場合には危険性が高まるため注意が必要です。

レビトラはグレープフルーツジュースと一緒に服用することができません。
グレープフルーツジュースにはフラノクマリン酸が含まれています。
フラノクマリン酸は薬物代謝酵素の働きを阻害するので、一緒に摂取するとレビトラの血中濃度が高まります。
血中濃度が高まると副作用が強くなる危険性が存在します。

レビトラの副作用は基本的に軽く、数時間すれば回復するのが通常です。
しかし長時間にわたって症状が続く場合には、病院で診察を受ける必要があります。
フラノクマリン酸は主に柑橘類に含まれており、グレープフルーツ以外にもザボンやハッサクなどを一緒に摂取することはできません。
同じ柑橘類でもレモンやカボスなどにはフラノクマリン酸があまり含まれていないので摂取できます。
グレープフルーツジュースなどフラノクマリン酸を含む食品を摂取した場合には、24時間以上間隔を空けます。

レビトラは硝酸剤やHIV治療薬、一定の抗真菌薬や抗不整脈薬などと併用できません。
硝酸剤を併用すると血圧を過度に低下させる危険性があります。
HIV治療薬や抗真菌薬は併用するとレビトラの血中濃度が上昇します。抗不整脈薬は心臓の動きに異常をもたらす可能性があります。
また直近6か月以内に心筋梗塞や脳梗塞、脳出血の既往歴がある場合などにも、レビトラを服用できません。
他の病気の治療で医薬品を使用している場合などは、医師に相談する必要があります。

レビトラにはめまいなどの副作用が存在しますが、基本的に症状は軽いため危険性はありません。
しかしグレープフルーツジュースを一緒に摂取した場合などには副作用が強まるので危険です。
フラノクマリン酸を含む食品の摂取や、一定の医薬品との併用は避ける必要があります。

関連ページ